忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

TRY! SCARPA! WEEK 開催中

11/4(月)まで、TRY! SCARPA! WEEK 開催中です。期間中にスカルパのシューズをご購入いただいた方には、何と…スカルパ特製Tシャツ…を差し上げます!この機会に是非!

 

試し履きしていただいた方には、
「自分の靴で登って足が切れる課題が、インスティンクトVS履くと足が切れない!」
「ベイパーは同じソールを使っている他のシューズと比べ、柔らかくてフィット感がいい」
などのご感想をいただいております。。。実際履いて登って確かめられるなんて、貴重な機会ですね。


130°壁のホールド替えも目前に迫り、宿題攻略中のクライマーの皆皆様、
がんばです!


さて、私は出産前まではハイキングを趣味としていましたが。。。
この時期の思い出深い山というと安達太良山です。2002年11月2日~3日、一泊で出かけました。

1日目:奥岳バス停~くろがね小屋~峰の辻~勢至平~くろがね小屋

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
単独。東北の山の季節を勘違いしていた。秋山に来たつもりが、すっかり雪山になっていた。登山口あたりはまだ土だったが、すぐに雪道になった。そして、重大な忘れ物をしてしまった…雪だというのに手袋を忘れてきてしまったのだ。もう、登らずに帰るべきかとも思ったが、往生際悪く代用品を探した。ヘッドランプを入れているフリースの巾着袋、軽アイゼンを入れてる袋+ハンカチ、これで行くことにした。(←アホーと言って)私は雪国育ち故に雪を甘く見た。そしてど素人ハイカーは突入した。

当初の予定では非難小屋に泊まって縦走するつもりだったが、雪もあるし、無理かも知れないな…と思った。それで稜線に出る前に小屋に立ち寄り、「非難小屋に泊まるつもりですが、戻ってくるかも知れません。その時は宜しくお願いします」と告げて出た。

馬の背は強風の名所だ。稜線に出ようとすると、風で体が吹き飛ばされた。マジで、空中に、ばふん!と。幸い、吹き溜まりに落ちて痛くも何ともなかった。もう一回稜線に出るとまたばふん!と吹き飛ばされた。こりゃダメだ、ということで小屋に引き返した。この頃の私は耐風姿勢すら知らなかったと思う。

小屋はそこそこの人で賑っていたが、私は二階の誰もいないスペースを使っていい、と案内された。くろがね小屋は温泉付にカレーライスの夕食で5000円(当時)と大変安い。が、私は素泊まり、3000円(当時)。週末の夜はみんなで山の歌を歌う。私は山の歌というものは知らない。山も歌も好きだが、『山の歌』という文化にはどうも馴染めない。

その時間も終わると、私は厨房の中からおいでおいで、と手招きされた。中にはアルバイトも含む従業員が4人が夕食中であった。「戻ってくるかも」と挨拶して行ったので印象が強かったようだ。小屋のおじさんは「稜線で風が強い時は、登山道から風下側に外れて歩いてもいい」と教えてくれた。私は持参の貧しい夕食を済ませていたが、ここでカレーやおでんや、色んなものをご馳走になった。飲み食いして楽しいおしゃべりをしているうちにお風呂の時間が過ぎてしまったが、「入っていいよ」とお許しをいただいて暗いお風呂に入浴させていただいた。山小屋での親切尽くしと楽しかったひととき。。。もう十年以上も前のことで、小屋のおじさんも変わってしまったはずだ。

 

2日目:~峰の辻~馬の背~乳首~薬師岳~奥岳バス停

-------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

山頂を目指すと、50代くらいの男女のパーティーに会い、この人達と一緒に歩いた。山頂は寒かった。海老のシッポを初めて見た。寒さでデジカメはすぐダウンしてしまったので、写真は少ない。



下山にかかると薄日が差してきた。雪は山を幻想的なまでに美しくしていた。いい山だと思った。
春にも、夏にも、秋にも登りたいと思ったが、その機会はいまだない。

 



一緒に歩いていた2人パーティーは「雪だったから不安で、あなたがいたから心強くて登れた」と言った。私の方こそてっきり、二人は雪山に慣れたベテランだと思っていたので、内心「この人達がいるから安心」と思っていたのだった。

(2013.04.07記す)


まめしーの長ーい思い出話にお付き合いありがとうございました。では!

PR
ショップNEWS

8 comments

Comment

下根田 雄三

2013.11.06 at 12:13   | Edit

シミジミ。素敵な文章でした。シリーズ化して下さい。

まめ

2013.11.06 at 13:18   | Edit

コメントありがとうございます!
夫には「(この記事)やばくない?」と言われてしまいました…ははは…
VACブログを私物化しない程度に(?)ぼちぼち、ネタ流出していきたいと思います。宜しくお願い致します。

tvozltrogo

2013.12.17 at 18:42  URL | Edit

dkfjxwbd, <a href="http://www.ancgtrmkjh.com/">axzueltoif</a>

yjpodxfmwd

2014.01.10 at 01:50  URL | Edit

aokcpwbd, http://www.trotgugbbj.com/ fnxgvzmqnq

ovahwuodee

2014.05.07 at 19:39  URL | Edit

rglgzwbd, http://www.pboljsbthr.com/ flcpijhrif

xqfogenkvk

2014.08.14 at 22:52  URL | Edit

guksqwbd, http://www.hrhmqxzzhx.com/ ydrvbqmywu

fpenlysphd

2014.08.15 at 00:11  URL | Edit

lpkuvwbd, http://www.oeqrhaekfg.com/ mjwjmkfxtu

eehnqmiqqs

2014.08.15 at 01:22  URL | Edit

enccbwbd, http://www.yrywjdnkbq.com/ ezfqsttzrm