忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

クライミング上達法とは?


クライミングやってる人は誰もが思うことですね。


その答えの1つが、、、



怪我をしない!!!


当たり前のことですが、一番大事なことです。

指、手首・肘、肩、膝、腰ets,,,

クライミングをすることで、これだけ沢山怪我をする可能性があります。


こんなにあると、長年やって怪我をしないほうが奇跡的ですね!



やればやるだけ強くなって、やらないと弱くなるスポーツ(※個人的に)なので


怪我をして長期休養はモチベーション的にも大ダメージ!!emoji


なので、
怪我をしない為には

ウォームアップ&ストレッチ!!!

ウォームアップ・・・冷たい筋肉は損傷を受けやすいので、筋肉温度を高め傷害の予防をする。
            
            関節液の分泌を促し関節の動きを滑らかにする。また靭帯の動きも柔軟にする。


ストレッチ   ・・・緊張した筋肉は損傷を受けやすいので、筋肉を伸ばしてあげると
   
            筋肉の伸縮の反射もスムーズになる。
 
            パフォーマンスの向上とともに傷害の予防にもつながる。

                                          (クライマーズボディーより)


ん~、いいことずくめですね!


ちなみに順番はウォームアップ→ストレッチ
だそうです。
逆だとむしろ怪我をします。emoji



怪我をせずに上達していきましょう!!!





↑  野口啓代さんはストレッチを1時間ほどやるそうです!!


きむ

PR
バーチ日々のあれやこれ

0 comments

Comment