忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

ハイキング

こんにちわ、まめし~です。
お狂…お京だっけ?…の課題が狂っているので、ますますまめし~のスウィートさが際立つ今日この頃のバーチです。いらっしゃいませ、いらっしゃいませ。

ちょいと寒くなってきましたが、岩登りやハイキングには絶好の季節ですね。

まめし~、今週は石老山へ、先週は岩殿山、先々々週は草戸山に登ってきたよ。

石老山(700M)は相模湖駅からバスに乗り、周遊で3時間半くらい。巨岩めぐりをしながら登り、相模湖を見下ろす融合平展望台を経て山頂へ。山頂からは富士山も見えます。下りにも360°見渡せる大明神展望台があり、のんびりハイキングに最適。帰りは相模湖を渡し舟に乗って帰るのも楽しいよ!ドラム缶を木の棒でごーーーん!と叩いて呼ぶと、対岸でおじさんが「はーい」と返事をしてこちらへ来てくれます。




岩殿山(634M)は大月駅から特徴的な岩壁がばばーん!と見える、鎖場いっぱいの楽しい低山です。富士山の眺めがいい山なので、秋晴れに誘われて出かけました。大月駅から周遊で3時間50分くらい。





草戸山(365M)は高尾山口駅に降りて遠足の子供が多かったり、あまり時間がないけどちょこっと山を歩きたい時に時々行きます。高尾山口から往復すると2時間半くらいです。草戸峠で面白いおじさんに会ったよ。45年物のアルミフレームのごついザックに36~7㎏の荷物を背負って、破れかぶれの帽子;これも30年物?と破れかぶれの半ズボン;これは20年くらいしか履いてない?一目見れば「おお!まめし~の言ってたのはこのおじさんのことか!」ってわかるような人ですよ。この人と山の話を始めたら面白くて面白くてすっかり話し込んじゃって、2時間半は喋った。。。酷暑の日と極寒の日に草戸山に行くとこのおじさんに遭遇するかも。

PR
バーチ日々のあれやこれ

0 comments