忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

ドイツへ展示会に行ってきました その2

d5c6e05c.jpgさてドイツのショーの続編です。
意外と好評のようですので小出しで行きます。
朝8時頃キャンプ場から出発。
シャトルバスの発着所まで徒歩で行きます。
今年は涼しいらしく非常に過ごしやすい気候ですね。
この時期の日本とは比べ物になりません。






121f4eaa.jpg会場に入ってすぐのところに今回出展されているギアで賞を取ったものが展示されています。
しっかり台に固定されているので手には取れませんがここで気になるギアをチェックしいざブースへ進むと効率がよいようです。
ちなみにアジア人はかなり写真撮影に関して厳しくチェックされていました。
まぁ商品コピーをしに来る人もいっぱいいるのでしょうね。
ほとんどが来期モデルですから。
今見ているのがマムートのビレイデバイスです。
グリグリとATCのいいとこ取りみたいな感じのギアです。
すごくよさそうでした。

dff2f89a.jpg

それでマムートのブースへ
今回一番多きいブースだったかもしれません
ヨーロッパではいろいろな意味で業界をリードしている勢いのあるメーカーだと感じました。  





 124d1ec1.jpg


でかいです。
全てが。
全てに勢いがあります。
日本ではあまり考えられません。
ブース内も芋洗い状態。
ヨーロッパの著名なクライマーやコンペディターも多数いましたが
それどころでは無かったです。


4783883b.jpgシューズコーナー
特に新しいモデルはありませんでした。
マムートのシューズはかなりがんばっていて日本でも小澤君から凄くいいですよとよく聞いていました。
実際あまり見かけることは無いのですがその分ここでいじりたおして来ました。
私がシューズを触り出すと見るところが通常の人と違う為か気が付くとまわりに誰もいなくなります。
変なのかな?真剣すぎて怖いとか?少し悲しいです。



12a2bbec.jpgこれはサムライ。
よさそうですよ。
もっと履く人が(日本で)増えてもよさそうな気がします。
ヨーロッパではレースアップのシューズが人気が高いようですが日本でははっきり言ってベルクロのほうが人気があり、あまりレースアップのシューズは売れないと担当者にお話すると信じられないみたいな感じでした。
確かにベルクロシステムの方が脱着は容易ですがレースアップシステムも(レースーホールの数にも関係しますが)剛性を変えたり楽に履けたりとか状況にあわせて一足を使うことができるので素晴らしいと思います。

c348bdb9.jpg

アワード受賞商品。
これのために壁が用意されていました。
商品名は・・すいません後日アップします。






1da6416f.jpg
”こりゃ楽だ”とロープを緩めたり張ったりとテストができます。
こういう物って説明文と写真と商品がポンとおいてあるだけの展示方法がほとんどですがこういうふうに実際の状況でセットされていると分かりやすいですしありがたいですね
相当な自信作ですね。






d30233af.jpgうろうろして一服。
もちろんスモーキングエリアですよ。
あれみよう、これみようと頭の中で作戦を練っているわけですね。








e892a5bd.jpg


こんな感じの建物が12棟。
全てが展示会に使われています。
クライミング関係は(特にギア、シューズ、ホールド)はまとまってはいるのですがこう大きいと正直疲れます。
次回はシューズメーカー編でまだまだ引っ張りますよ。
PR
ドイツ・アウトドアショー

3 comments

Comment

しんた

2008.07.27 at 22:23   | Edit

サムライは凄くいいですよ。自信を持っておすすめします。
ビレイデバイスはSmartでしたっけ?

荒川

2008.07.28 at 15:09   | Edit

すごくよかったですよ。
小澤君の言うとおりでした。
ゴブリンもね。
もっと評価が高まっていいと思います。
ビレイデバイスは現在も失念中。
これは日本でも販売される?
しかしマムートはすごいね。
一番勢いがあったよ。

しんた

2008.08.08 at 16:12   | Edit

Smartで間違いないっす。
日本でも販売すると思いますよ。かなりの自信作のようですね。

ぜひ、シューズの取り扱いをお願いします!!