忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

外の話

以前自己紹介で岡山に住んでいたと話したと思いますが、何を隠そう岡山は西日本を代表する岩場があるんです。


岡山県高梁市とその周辺に点在する石灰岩のクライミングエリアは、総称して「備中の岩場」と呼ばれています。 高梁市成羽町「羽山エリア」から、同備中町、川上町をまたいで、井原市芳井町の「白滝の岩場」までには大小25のクライミングエリアが点在し、特に備中町用瀬の「用瀬クライミング広場」周辺にエリアがまとまっています。

総ルート数300本以上、5.13以上の高難度ルートも多数君臨する備中の岩場は、石灰岩のクライミングエリアとしては名実ともに日本屈指のクライミングエリアといってもいいでしょう。

※tc-net 高梁川流域クライミング交流会より抜粋

宿泊施設もしっかり完備してるんでこれからの時期遠征にもってこいかなと思います。
場所によっては当日の雨なら全然問題なく登れるエリアもあり、真冬でも日が当たればポカポカ半袖で登れるエリアもあり、大げさに言うと「全天候型」の岩場だったりします。
オススメはやっぱり秋から冬にかけてですね。

エリアは長屋坂・リバーパーク・ニューエリア・じゃろう岩・2ルンゼ・権現谷・杉田ロック・羽山等
ザッと上げましたが全てのエリアに思い入れがあります。

東京からだとちょっと勇気がいる距離ですが興味ある方は是非声を掛けて僕のクライミング談義に付き合って下さい。

お客さんに「外行かないんですか?」と聞くと「車が~」とか「まだまだ自分のレベルじゃ~」とか
かなりネガティブな発言が聞こえますが僕は6級が必死な頃に岩場行ってましたよ!
ジムは確かに楽しいですけど、
外 は 何 十 倍 も 楽 し い で す よ
もちろん外に行くにあたって色々揃えるものとか安全の知識とか必要です。
初心者同士で行くのではなくある程度経験と知識のある方に連れて行ってもらうのがベストです。
近くに有名な岩場はいくつでもありますよ!せっかくなんで外行きましょう!



エリア「2ルンゼ」の一コマ ※僕じゃないです。
PR
バーチ日々のあれやこれ

0 comments

Comment